田修中国健康整体センター

肩こり・腰痛は太子町の田修中国健康整体センターへ!!

0000231533.jpg

HOME ≫

中国整体の施術院 田修中国健康整体センター

肩こり・腰痛でお悩みのあなたへ!

肩こり・腰痛は、人類が2本足歩行をしだしてからの永遠の苦しみである。その苦しみと一生付き合っていくには、まず肩こり・腰痛がなぜ起きるのか?肩こり・腰痛とはどういうものなのか?を知る必要がある。その上で対処法・予防法を考えていきましょう。


痛 み の 原 理

 

◎痛みの原因の一つに筋肉のこりがあります。筋肉がこり過ぎると筋肉を動かしている筋が伸び縮みしなくなり、その筋を動かすと激痛が走ります。痛い所の筋肉をほぐせば筋が自由に動くようになり、痛みはなくなります。

 

◎骨がずれると、ずれた箇所がピリピリと痛みます。ずれた骨を元に戻すと、何もなかったかのように痛みは消えます。良くほぐしてからでないと、なかなか戻らないし、戻っても又すぐにずれます。当センターでは良く筋肉をほぐしてから骨格矯正をします。

 

◎他にも痛みの原因はいろいろありますから、病院で良く検査を受けてからお越し下さい。

 

◎いずれにしても、処置が早ければ早いほど早期に痛みがとれます。

 

◎当センターでは、出来る限り、1回で痛みがとれるように努力しています。

 

*肩こりは万病の元

 こりとは筋肉のこわばりで、運動不足や同じ姿勢を長時間続けたり、寒さにさらされたりすると筋肉がこわばって、筋繊維の中にある血管が圧迫されて血行不良をおこします。これがこりの正体です。こりをそのままほって置くと血行不良が続き、いろいろな障害が起こってきます。それが内臓病だったり、脳の障害だったり、心臓の障害だったりします。血行さえよくしておけばいろいろな病気にはなりにくいのです。身近な病気でいうと、風邪を引いたなと思ったら肩をほぐせば回復はかなり早いです。熱があっても一気に上がって一気に下がります。血行が良くなって身体が元気になり風邪の菌を殺す菌が増えるからです。

 

 

  *筋肉の質

 筋肉は使わないと固くなるし、使い過ぎても固くなります。ただ筋肉の質がもともと固い方と柔らかい方がおられます。こりで固いのか、こってないので柔らかいのかは我々専門家でないとわからないと思いますので安心しないで一度施術を受けてみましょう。筋肉の質の柔らかい方は、こりを感じにくいので、感じた時はかなりのこりになっていますので気を付けて下さい。

 

*予防方法

 身体は適度に動かして、血行を良くすることがこりの予防になります。適度な運動とは、個人差がありますが、ウォーキング(日が昇ってから)、ストレッチ(ゆっくり時間をかけて)、 ぶら下がりなど無理をしないで出来る運動です。

 


注:ウォーキングは日が昇ってからカルシウム分をたっぷり吸収しながら歩きましょう。食事でカルシウム分をいくらとっても、日光に当たらないと吸収できません。

*腰痛 は人によって違います

   腰痛にはいろいろな種類があります。筋肉性、骨性、靭帯性、神経性があります。それも急性と慢性があり、急性は若い方に多く、かなり痛みがありますが、すぐに治ります。慢性は年配者に多く、治りが遅いです。

 腰痛は筋肉のこり過ぎによって起こるものが多いです。特に起立筋、腰方形筋、大腰筋のこりが原因の場合が多いです。こり過ぎると筋肉を動かしている筋が伸び縮みしなくなり、その筋を使うと痛みが走ります。人によってこる位置が違います。当然痛む位置も違ってきますので、実際触ってみなければどのような腰痛かはわからないのです。左右どちらかが痛む場合は筋肉のこりによるものが大半です。

 

 

*腰痛をほっておいたらいずれは限界が来て治りが遅くなります。

 そのままほって置いても、自然治癒力で時間と共に痛みは消えていきますが、決してこりがなくなった訳ではありません。こりは蓄積していきます。いずれ限界が来て、ほって置いても痛みが消えなくなり、施術しても治るのに時間がかかります。それだけなら良いのですが、こり過ぎると骨に負担がかかり、くしゃみとか軽いものを持ったときとか、ほんの何気ない動作で腰椎の5番目がずれてぎっくり腰や筋が軽く伸びて筋違いになりやすくなります。ぎっくり腰はずれた骨を元に戻せば痛みは消えますが、筋違いは筋が元に戻るまで痛みはあります。ただ筋肉をほぐせば、痛みが消えるのがかなり早くなります。

 

 

*椎間板ヘルニアになる恐れもあります。

 ぎっくり腰や筋違いはいずれは治りますが、困るのが、筋肉がこり過ぎて、椎間板を圧迫し過ぎて起こる腰部椎間板ヘルニアです。他にもぎっくり腰からも起こりやすいので気を付けて下さい。

 椎間板とは椎骨と椎骨の間の軟骨でクッションの役割があります。ヘルニアとは出ると言う意味です。要するに椎間板ヘルニアとは椎間板が破れて中の髄核というゼリー状のものが外に出てくることを言います。その髄核が坐骨神経を圧迫しだすと坐骨神経痛が起こります。坐骨神経を圧迫するまでは痛みはなく痛みが出るまでには時間がかかります。腰から臀部、脚の後ろや横が痛くて、しびれて歩行が困難になります。安静が一番で早く痛みをとりたい方は病院で手術をしましょう。しかし、しびれはなかなか取れないそうです。手術が嫌な方は、安静が一番ですので治療をしながら入院させていただくと良いでしょう。時間はかかりますが症状が軽ければいずれ痛みは消えます。症状が重ければ手術しかないです。ただ痛みが消えても、いったん破れた椎間板は元には戻らなので、用心しないと又痛みは再発しますので重たいものを持ったり、激しいスポーツをしたり、腰を痛めるスポーツはやめましょう。

注:椎間板ヘルニアとは 原因であり、坐骨神経痛が症状です。

 

*自分でする予防方法又は治療方法

 再発予防や自分でする痛みの治療には昔流行した「ぶら下がり健康機」が最も有効です。牽引の代わりになります。牽引は椎間板から出た髄核を元に戻す作用があります。筋肉をほぐしてから行えばより効果的です。病院ではほぐす代わりに温めています。一度椎間板ヘルニアになられた方は、再発予防に、筋肉を良くほぐして毎日時間があればぶら下がり健康機にぶら下がりましょう。腰痛予防にもなります。

 

*坐骨神経痛に「ぶら下がり健康機」は有効です。

 腰部椎間板ヘルニアにならなくても、骨のずれによる坐骨神経痛(若い方に多いが骨を元に戻せば痛みは消えます)、椎間板がちびての坐骨神経痛(ほとんど年配者でなかなか痛みは消えません)があります。いずれの場合いも筋肉をほぐして「ぶら下がり健康機」にぶら下がるのは有効です。肩こりや50肩の予防にもなります。ただ力のない方や腕がまともに上がらない方は、無理をしないで下さい。余計に悪くなることもあります。筋肉を鍛えるのではなく、痛みの予防、又は痛みをとるのが目的ですので出来る範囲で良いです。1秒でも、2秒でも毎日続けることが肝心です。

 

注:但し、脊柱管狭窄症の方は、脊柱管が狭くなって坐骨神経痛になっていますので、ぶら下がり健康機は効果がありません。

 

 



 

田修中国健康整体センター